じぶん銀行の疾病保障の詳細についてご案内します。
◆ 保障の概要

一般団信、がん50%保障団信は上乗せ金利なし、がん100%保障団信は0.2%上乗せ、11疾病保障団信は0.3%上乗せ金利が設定されます。

がん50%保障団信、がん100%保障団信、11疾病保障団信は満50歳までの顧客が加入できます。

加入にあたって一定の要件を満たす顧客については保険会社所定の健康診断結果証明書の提出を依頼される場合があります。

◆ 保障(責任)の開始日

保障の開始日:

保険会社が加入を承諾した場合、融資実行日(ただし、すでに融資をうけている債務者が加入申し込みを行う場合には加入承諾日)を責任開始日とします。

ただし、がん保障特約において、責任開始日からその日を含めて90日(免責期間)以内に所定の悪性新生物(がん)と診断確定された場合には、がん診断保険金は支払われません。

◆ ガンに対する保障

「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」や「上皮内がん(子宮頸がん0期、大腸粘膜内がん、非浸潤がん、食道上皮内がんなど)」は、がん診断保険金の支払いの対象となりません。

がん団信

被保険者が以下に該当した場合、ローン残高を保障します。

・死亡したとき

・所定の高度障害状態になったとき

・余命6ヶ月以内と判断されたとき

被保険者が以下に該当した場合、ローン残高の50%を保障します。

・所定の悪性新生物(がん)と診断確定されたとき

◆ 急性心筋梗塞に対する保障

責任開始日以後に所定の生活習慣病を発病し、その治療を目的とした入院が継続して、180日以上となった場合住宅ローン残高が0円になります。

◆ 脳卒中に対する保障

責任開始日以後に所定の生活習慣病を発病し、その治療を目的とした入院が継続して、180日以上となった場合住宅ローン残高が0円になります。

◆ 高血圧症・糖尿病・慢性心不全・肝硬変・慢性膵炎に対する保障

責任開始日以後に所定の生活習慣病を発病し、その治療を目的とした入院が継続して、180日以上となった場合

※支払われる保険金は「生活習慣病長期入院時保障保険金」です。

◆ 金利、手数料

がん100%保障団信は0.2%上乗せ、11疾病保障団信は0.3%上乗せ金利が設定されます。

◆ 引受保険会社

クレディアグリコル生命保険会社



PAGE TOP

目次

トップページ
各銀行の疾病保障詳細
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向(外部リンク)
住宅ローンの口コミ/評判一覧(外部リンク)
お問い合わせ
PAGE TOP
PAGE TOP